トップメッセージ

ウルトラファブリックス社との
経営統合を見据え、
戦略的ブランディングで
さらなる成長を目指してまいります。

第一化成は、1966年の設立から今日まで半世紀以上にわたり、高品質な人工皮革製品を産業界や一般消費者向けに提供し、着実な発展を続けてまいりました。本革に匹敵するしなやかな風合いと、通気性、耐光性、吸音性など優れた機能を併せ持つ当社製品は、匠の業を結集した高品位素材として世界中で高い評価を獲得しています。また積極的な用途開発が奏功し、現在では自動車や航空機の内装品をはじめ、オフィス家具やアパレル、スポーツ用手袋など幅広い領域で利用されています。

第一化成はまた、多品種少量に対応する柔軟な生産システムの構築や、時代の変化に即応する組織体制の確立にも注力してまいりました。本年1月には、これまで当社製品の世界販売を担ってきた米国Ultrafabrics,LLC(ウルトラファブリックス社)の完全子会社化に関して同社創業者との間で最終契約を締結いたしました。今後は第一化成とウルトラファブリックス社を束ねる持株会社を設立し、製販一体となった機動的な企業グループを創出していく方針です。

現在、第一化成は2017年度から2019年度の3か年を対象期間とする中期経営計画を推進しています。湿式ポリウレタン技術の深化と事業推進体制のさらなる高度化を通じて多様な顧客ニーズに的確に応えるとともに、戦略的なブランディングによって売上・利益の持続的な成長を追求します。同時に、オープンでフェアな経営を推進することにより、あらゆるステークホルダーに当社独自の価値を発信してまいります。

私たち第一化成がリードする次代の合成皮革、その豊かな可能性にどうぞご注目ください。

第一化成株式会社 代表取締役社長
中野 淳文